地方ならではの課題を知り、KDDIウェブコミュニケーションズのサービスなどを通して改善していきたい

PROFILE

田中Marketer

マーケティング本部パフォーマンスマーケティング部 広告運用・マーケティング担当|入社年:2019年(中途入社)


大学卒業後、韓国にて不動産仲介業・海外インターンシップ事業の営業・マーケティングを担当しながらゲストハウスを運営。帰国後は、韓国系IT企業にてアプリのマーケティングを担当。現在は「ジンドゥー」や「Twilio」の広告運用などを担当している。

入社を決めた理由

「広告」という専門性のある業務を行いながら、お客様の成功やゴールまで一貫して見守りサポートしていけると魅力を感じ、入社を決めました。しっかりとした基盤の上で学びながら働いていける、かつ自発的にチャレンジしながら成長していける雰囲気も魅力的でした。また、地元である鹿児島県に帰り、地域の活性化などに関わっていきたいと思っていたこともあり、リモートワークが可能であるだけでなく、地方を応援するような活動もKDDIウェブコミュニケーションズでは多かったので「ここでなら叶えられる!」と思ったことも理由の1つです。

所属部署について

私が所属しているパフォーマンスマーケティング部は社内の共通部門であるため、メンバーはそれぞれのサービスを担当しながら、他サービスのサポートをする形になっています。チーム内で情報交換をしながら、他の部署で何をしているのか、自分の担当しているサービスでも取り組めるのか、また、自分の担当している業務に他部署も巻き込めないかを考えながら、お互いにサポートしあっています。

チームの雰囲気はとてもいいと思います!仕事のことで情報交換をしたり相談に乗ってもらったりするはもちろん、プライベートでもオンラインで一緒にご飯を食べたり、在宅勤務ではありますが、すごく距離の近い部署だと思っています。オフィスに勤務しているときから困ったことなどがあればすぐに相談ができる環境だったので、リモートワークになってからも同じような距離感で働けているんだと思います。

鹿児島での在宅勤務について

2020年9月から約4ヶ月間、鹿児島でお試しリモートワークをしていました。今年に入ってから完全に引っ越したので、まだ「地方に住みながら働く」という部分では実感がありません。また、引っ越す前から在宅勤務だったので、場所が変わっただけで特に変化はないと感じています。ただ、鹿児島県に帰ってきたからこそ出来ることもあると思うので、今後は地元の団体や企業を巻き込んで、KDDIウェブコミュニケーションズのサービスを活用して、地域全体が盛り上がるような取り組みをしていきたいと思っています。

現在の業務内容、仕事でのやりがい・大切にしていること

業務内容としては、ジンドゥーの各種広告の運用を主に担当しています。ただ、広告代理店ではないので、広告の数値だけでなく、サービス全体の数値を見ながら「どうすればもっとたくさんの人に知ってもらえるか」「もっとたくさんの人に使ってもらうにはどうすればいいか」を考えながら、広告のクリエイティブを考えたり、事業部と一丸になってプロモーションを考えたりしています。

仕事でのやりがいは「サービスを知ってもらう・使ってもらう」という部分で外部企業との協業も多く、毎回学びがあります。ジンドゥー事業部とのやり取りも多く、たくさんの人との関わりの中でプロモーションが進んでいくので、毎回、チームでやり遂げるという達成感があります。まだうまく回せない部分もあり、迷惑かけてしまうこともありますが、みんなのおかげで乗り越えられています。

マーケティングという職種上、やっぱり「常に新しい情報に触れる」ということは大切だと思っています。この1年であらゆることがオンライン化され、今まで以上にオンライン上にたくさんの情報が転がってくるようになりました。もちろん、情報の取捨選択は必要ですが、いろんな意見や情報を取り入れ、仕事にも役立てていきたいです。

長い期間在宅勤務をする中で、心がけていること・工夫していること

在宅勤務になり、会社にいる時と比べて顔を合わせて話す機会がなくなったので、時間が許す限り、オンラインで繋いで顔を見て話そう!というのは意識している部分かもしれません。担当している仕事柄、デザイン制作やメルマガの配信など、誰かに依頼する業務も多く、温度感が伝わりやすいよう、そして誤解のないよう、ちょっとしたことでもオンライン上で話すようにしています。文字ベースでのやり取りより、5分だけでも顔を見て話す方が情報としてたくさん入ってくると思うし、お互いに気持ち良く仕事に取り組めるかなと思っています。

今後の目標

直近の目標としては、私が住んでいる鹿児島県で、地方ならではの課題や困っているポイントを知り、KDDIウェブコミュニケーションズのサービスを通して改善していきたいと思っています。また、そこから新しいアイディアが生まれたら新規事業コンテストにも応募してみたいです。鹿児島のような地域って日本にたくさんあると思うんです。なので、まずは鹿児島県で事例を作って他の地域でも展開し、日本中の企業・地域を活性化していけたらいいなと思っています。