コストセンターになりがちなサポート部門が、間接的にでも売上に貢献できるような組織にしたい

PROFILE

吉川Support

Twilio本部プロダクトサービス部 サポートユニット/チーフ|入社年:2015年(中途入社)


窓口での接客を経験後、Web系の企業に転職してサポート業務を担当。Jimdo事業部にてチームリーダー、ゼネラルマネジャーを経験。現在はTwilio事業部にてサポートユニットのチーフとして、サポート業務を行っている。

KWCに入社を決めた理由を教えてください。

私が入社した当時の経営理念に「顧客ファースト」の内容があり、サポートでキャリアを積んでいる私にとって一番大事なことでした。経営理念にこういった内容を入れている企業はなかなかなく、顧客のことを第一に考えている企業であれば、サポートという人材を大切にしてくれるのではないかと思いました。

所属部署について

現在はTwilioのサポートユニットで、サポート業務全般をみています。風通しの良いチームで、MTGでは皆が気兼ねなく発言します。Twilio本国(US)との関わりも多い部署なので、グローバルな環境で仕事をしています。 

現在の業務内容、仕事でのやりがい・大切にしていること

サポートチームは困っているお客様との接点になる部署なので、早期解決や満足度の向上を目標に日々取り組んでいます。私はサポートチームが効率よく円滑に業務が行えるよう必要な整備をしています。その過程で、ゼロから推し進めるものがあればやりがいを感じます。お客様だけではなく、チームの皆がハッピーであることが大切だと思っています。

長い期間在宅勤務をする中で、心がけていること・工夫していること

リモートワークをしているとずっと同じ環境にいるため、オンオフの切り替えが難しいというのがあります。気づくと遅くまで仕事をしていたり、スマホに通知が来ると業務時間外でも反応してしまったりします。オンオフの切り替えは大切なので意識して仕事をするようにしています。

今後の目標

サポート部門はコストセンターになりがちですが、現在の部署に配属されてから、サポートという立場でも売上に貢献できるのではないかと考えるようになりました。今後は、サポート部門が間接的にでも売上に貢献できるような組織になればと思っています。