日本市場において当社のメリットと優位性をお客様に理解していただいた上で、お客様の課題解決のお手伝いをしたい

PROFILE

高橋Marketer

マーケティング本部Twilioマーケティング部 マーケティングチーフ|入社年:2018年(中途入社)


商社で営業を経験後、広告代理店への転職でITに携わるように。広告運用やSEOを中心に学びつつ、グルメサイトのマーケティングマネージャーを経験。KDDIウェブコミュニケーションズに入社後、ジンドゥー事業部に配属。現在はマーケティングチーフとしてTwilioを担当している。

入社を決めた理由

実家が江戸時代から続く呉服屋を営んでいるのですが、ホームページを作成するとなった際に、父が自らジンドゥーを利用して作成した経緯を知ったのがきっかけです。父は昔から思い立ったらすぐ行動するタイプなのですが、ホームページを作成したと聞いて正直驚きました。私は個人的にサイトを作るとなるとWordPress一択だったのですが、そこでジンドゥーの存在を初めて知り、ペルソナがWordPressと全く違うことに気づきました。

IT企業にいるとITが当たり前のような感覚に陥りますが、日本の人口比率から考えるとITリテラシーがあまり高くない人の方が多いため、そのような方にもITを身近に感じてもらえるサービスはマーケティング次第で需要が伸びると思いました。また、Twilioという革新的な商材を日本で展開しているということにもすごく興味を持ちました。今後、PaaS市場は確実に成長分野ですし、業者を呼んでわざわざ電話回線を敷くという流れも減少していくと感じています。このように、ITリテラシーがあまり高くない人でも扱えるジンドゥーもあれば、ITリテラシーが高い人じゃないと使えないTwilioという幅広い商材を扱っていることに興味を持ちました。

所属部署について

マーケティング本部には4つの部署がありますが、私はその中でTwilioマーケティング部に所属しています。Twilioマーケティング部を一言で表すと「十人十色」です。メンバー全員のバックボーンが違うため、自然と持っているスキルや経験が異なっています。マーケティングは分野が幅広く、やることが多岐に渡りますが、メンバーのスキルに重なるところがないため、少数精鋭でもなんとか対応できているのかなと思います。また、お互いに言いたいことを言い合う関係性のため、変に気を使うような雰囲気もなく、とてもいいチームだと思っています。

現在の業務内容、仕事でのやりがい・大切にしていること

Twilioを世に広めるため、日々マーケティングをおこなっています。Twilioには、Twilio Japanという日本法人があり、KWCは代理店という立ち位置です。しかし、単なるTwilioの代理店ではなく、グローバルのトップパートナーとして位置付けられており、今後もさらに加速して、圧倒的なグローバルトップパートナーとして君臨していきたいです。そのためには、日本市場において当社のメリットと優位性をお客様に理解していただいた上で、お客様の課題解決のお手伝いをしたいと思っています。当社は、KDDIブランドという安心と信頼を元に、手厚くサポートする日本人の“おもてなし“の心を大切にしています。

長い期間在宅勤務をする中で、心がけていること・工夫していること

メンバーとのコミュニケーションは、極力ビデオ会議で行うという点です。チャットでも当然コミュニケーションは取れますし、日々利用していますが、しっかりと話をすることも大事だと思っています。また、オフィスでよくしていたような雑談が非常に大事で、そこから生まれる施策もあるため、定期的な会議だけではなく、雑談タイムも日々行うように心がけています。
また、在宅勤務になってからずっと家にいることが増えたため、カメラを趣味にして外にでるようにしています。写真や動画を通して色々な人との新たな出会いにもなり、有効的に時間が使えていると実感しています。

今後の目標

Twilioを会社で一番売上の大きい部署まで成長させたいと思っています。しかし、売上を拡大させることだけをミッションとしているわけではなく、「売上拡大=市場のニーズに応えられている」という点で売上を1つの目標としているだけなので、気持ちとしては、Twilioを多くの方に利用していただけるようにマーケティングしていきたいという意味です。Twilioは、元々エンジニアの方たちに利用していただくプロダクトだったのですが、ビジネス層の方たちにも使っていただきたいと思っていますし、何よりTwilioという商材を知って欲しいと思っています。エンジニアだけが知っているのでは、社内でなぜTwilioを使う必要があるのかを説明して納得してもらう行為が発生します。しかし担当者以外の方もTwilioを知っている状態であれば、説明の必要がありません。むしろ、担当のエンジニアがビジネス層の方から「Twilio使ったらいいんじゃない?」と提案されるような状態になることが望ましいと思っています。一昔前までは、「AWS」「GCP」という単語はビジネス層の方には知られず、エンジニアがしれっと使っていたと思います。しかし、今ではビジネス層の方にも通じるワードになってきており、この状態ぐらいまで浸透していると売上げの伸び率が一気に加速します。

Twilioのペルソナはエンジニアなのですが、日本では圧倒的にエンジニアよりビジネス層の方が多いため、ペルソナだけではない層への認知拡大を行うことが結果的に大きな売上に寄与すると考えています。