新しいコミュニケーションのカタチを提供し、課題解決に向けた支援とより多くのファンを獲得し続けることが目標

PROFILE

篠倉Sales

Twilio本部インサイトセールス部 アカウントセールス|入社年:2020年(中途入社)


インフラエンジニアとしてデータセンタで運用監視・ハードウェア保守員やSESの営業を経験。Webアプリ・スマホアプリの受託開発の営業・ディレクションを経て、KDDIウェブコミュニケーションズへ入社。現在はTwilioの導入に関する営業支援を担当している。

入社を決めた理由

これまで、Twilioを使ったWebシステムの受託開発に携わっていたことからTwilioの魅力に取り憑かれ、利用する側から「Twilioをもっと知りたい」「Twilioを世の中に提案したい」という気持ちが大きくなっていったのがきっかけです。以前からKDDIウェブコミュニケーションズの方とはご縁があり、さまざまな話を聞いている中で、KDDIウェブコミュニケーションズの魅力と成果物のアウトプットが自身のステップアップに繋がると考えたためです。

所属部署について

営業チームは「インサイドセールス」と「アカウントセールス」で構成されており、案件や顧客規模によって役割を分けて担当しています。営業チームでのコミュニケーションは毎日30分ほど。些細な疑問や雑談レベルでも、気軽に話し合えるような時間を設けています。また、コロナ禍以前からおこなっていた「今ちょっといいですか」という思い立った時にすぐに声を掛けるコミュニケーションを、出社時と極力同じ環境でできるようオンラインでも実現するなど、コミュニケーションは頻繁におこなっております。

現在の業務内容、仕事でのやりがい・大切にしていること

お客様の課題を汲み取り、Twilioというサービスがどうお客様の課題の解決に繋がるかをシステム観点でも考慮しながら、+αを提案できるように心掛けております。また、お客様のお名前と顔はしっかりと覚えておくことを心掛けております。もちろん、イベントなどで声をかけられてもすぐに分かります。

長い期間在宅勤務をする中で、心がけていること・工夫していること

出社時間がなくなったことから、自分自身の成長のために、元々の通勤時間を「本を読む」ことに使ったり、自身のスキルアップに繋がるような時間を設けております。本を読むことで、視野が狭くなりすぎず、多方面での考え方を知ることができるため、仕事をする上でも役に立っていると思います。

今後の目標

これからはさらに、インターネットを活用した課題解決を取り入れる企業が増えていくと感じています。多くのお客様へTwilioを通して、新しいコミュニケーションのカタチを提供し、課題解決に向けた支援とより多くのKDDIウェブコミュニケーションズファンを獲得し続けることが目標です。