テック集団をどんどん作っていき、社会に貢献できるような組織作りを行いたい

PROFILE

小山Engineer

技術本部第二開発部 ゼネラルマネージャー|入社年:2021年(中途入社)


新卒で東京の企業へ入社後、自社プロダクトが強い会社へキャリアアップのため転職。初めて触れる技術分野にも随時に対応し、企画段階から実装、保守運用まで全工程を担当し、経験を積む。2018年から転職を機に福岡にUターンし、TechLead から VPoE として、エンジニアマネジメントに従事。KDDIウェブコミュニケーションズでは、VPoE / GM として業務変革を行いながら、Goを使った Microservice 開発、アプリ開発も担当している。

入社を決めた理由

ホスティングや新規サービスにおいて、新しい可能性に挑戦していく企業姿勢と、VPoEとしての自分の経験が強く必要だとおっしゃっていただいたので、入社を決めました。 

所属部署について

技術本部 第二開発部はWebアプリケーションの開発部署となっており、複数のエンジニアが所属しています。バックエンド、フロントエンド、SREといった職能ベースで複数のプロダクトを担当しており、事業部との企画、要件定義〜開発、リリースなどの開発フローをアジャイルで行っています。他の部署に比べて開発がメインになるので、新規事業や開発に関する話題は豊富にありますし、モダンな開発手法もどんどん採用しています。 

 

また、新しいことへの挑戦も活発に行っており、挑戦しやすい雰囲気があります。第二開発部では3つのエンジニアチームに分かれて動いているのですが、各チームで働き方を自由に設定してもらっています。また、情報共有やノウハウ継承をスムーズに行うため、「フロントエンドの会」や「バックエンドの会」など、エンジニア全体でスキルアップするための情報交換会も定期的に開催しています。  

私自身、VPoE としての役割も担うつもりで仕事をこなしているため、所属部署だけでなく、組織全体にどんどん情報交換出来る土壌を築いているところです。このあたりのスピード感もこの会社の良さだと認識しています。 

現在の業務内容、仕事でのやりがい・大切にしていること

エンジニアとしてのスキルもそうですが、VPoEとして培った「エンジニア組織を作る」という部分に、やりがいを感じています。どちらも作るという意味では同じで、トライ&エラーの繰り返しですね。 

大切にしていることは「信頼性」と「スキル」です。「あ、この人に任せれば大丈夫」「何とかしてくれそう」という信頼性は、業務を行っていくうえで必要なことだと思っています。また、専門性の高い仕事になるので、もちろんコーディング力などのスキルも大切にしています。 

あとは、なんといっても「ユーザーファースト」。これが無いと本当に売れるサービスを作るのは難しいと実感しています。 

長い期間在宅勤務をする中で、心がけていること・工夫していること

もともとエンジニアは、そのうち在宅ワークになるであろうと言われていたので、それが早まっただけだと思っています。下地はすでにSaaSモデルを筆頭に多く存在していると思っているので、いかにツールを上手く活用するか、コミュニケーションをどう効率よく行うかは常に意識しています。 

アナログな内容で工夫になるかは分かりませんが、長時間のMTGを1度行うよりも、短時間のMTGを複数回で分割するようにしています。

今後の目標

新しいプロダクトを作り出し、社会やユーザーにとって、暮らしを便利にしていくようなモノを作っていきたいです。また、組織においてもテック集団をどんどん作っていき、社会に貢献できるような組織作りを行いたいと考えています!