STAFF INTERVIEW

サービスを通して地域を盛り上げていきたい

伊東 賢太郎 Kentaro Ito

ジンドゥー事業部 | 2017年入社

ジンドゥー事業部プロダクト担当。宮古島オフィス勤務。宮古島オフィス開設にあわせ2017年、中途入社。現在はIT活用による地域課題の解決を目指す地方創生プロジェクト「Cloud ON OKINAWA」にも携わる。


宮古島でのオフィス立ち上げ時に入社

もともと宮古島が好きで移住しており、ホテルマンとして働いていました。他の従業員よりもインターネットに詳しいということで、予約管理やウェブサイトなどを担当していました。元々IT業界に興味はありましたが、私生活でパソコンを触る程度で、自分がIT業界に入るということは、年を重ねるごとに難しいと感じていました。ある時、「KWCのオフィスを宮古島で立ち上げる」ということを知人に教えてもらい、一度お話を伺ったのですが、未経験ということもあり一度はお断りしました。それでも何度かお誘いいただき、KWC本社から宮古島に来て親身にお話を聞いていただけたこともあり、IT業界に飛び込むことができました。


ゼロから作り上げられていく達成感

現在行っている「Cloud ON OKINAWA」の活動で、とあるショッピングモールの店舗などを紹介するウェブサイトをジンドゥーで制作させていただいております。先日、そのショッピングモールの顔となるウェブサイトを、記者発表とともに公開することができました。もちろんウェブサイトの公開自体がゴールではないですし、この活動は私一人で遂行しているわけではないのですが、何もなかったところから作り上げられていくことに、とても達成感を感じました。そして、これからの自信と意欲にも繋がっています。

お客様に感謝されることにやりがいを感じる

これまで従事してきた仕事でも言えることであり月並みですが、やっぱりお客様や取引先の方から感謝されることが、仕事をしていく上での一番のやりがいだと感じています。また、初心者同然でIT業界に入った私に、いろいろなご指導をいただき、自ら気づきを発見する事で自身の知識が増え、財産になっていくこともこの仕事をしていて良かったと感じることです。


本社とのコミュニケーションは積極的に

離れているからこそ、本社のメンバーとはできるだけFaceTimeやチャットを使って、コンタクトを取るよう心がけています。本社の空気感が分からないため最初は遠慮がちでしたが、東京オフィスの皆さんが積極的に交流してくださるので、今では距離が離れているという感覚はほとんどありません。

ITの力で県民の皆さんお役に立ちたい

現在は、宮古島オフィスに常駐しながら「Cloud ON OKINAWA」という地域創生に携わる業務に従事していますが、沖縄県はまだITの普及率が低く、本土では当たり前にできることが出来なかったりする事も少なくありません。だからこそ、ITの力を使ってほんの少し生活が豊かに、そして便利だと思ってもらえるよう、宮古島はもちろん、県内各地に足を運んで、県民の皆さんのお役に立てるように頑張ります。そして、その先に関わる全ての方々が笑顔になってくれたら嬉しいです。



人事総務部/常磐 里奈

KWCを選んだのは仕事も家庭も大切にしたいから

フィールドマーケティング部/長嶋 亜紀

サービスとニーズの架け橋になりたい