STAFF INTERVIEW

KWCを選んだのは仕事も家庭も大切にしたいから

仲井 勇希 Yuki Nakai

第一開発部 | 2017年入社

技術本部 サービス開発部 所属。2017年KWCへの転職が決まり、家族とともに山口県から上京。2児のパパとして育児をしながら、「CPI」の契約管理画面のシステム開発に携わる。


「CPIマイページ」の開発にかける想い

レンタルサーバーサービス「CPI」で、お客様が新規・追加のお申し込みや契約状況の確認などを行っていただく管理画面「CPIマイページ」のシステム開発・保守、追加機能の要件定義から実装まで、すべてのフェーズを担当しています。「CPIマイページ」は基幹システムと連係していますので、自分が担当しているマイページだけでなく、基幹システムの仕様もきちんと把握しておく必要があります。入社当初はそこを理解するまで少し苦労しましたが、上司や他部署の方々にも助けてもらいながら、楽しく仕事を進められています。


大規模プロジェクトを完遂した喜び

新たな注文画面を作るという大規模なプロジェクトをやり遂げたときは、大きな達成感を覚えました。過去の資料をもとに調査・設計を重ね、他部署と調整しながら開発を進めていったのですが、いざリリースするときには、その責任の重大さに手が震えましたね。万一、何か問題が生じても、お客様に提供しているサーバーに影響を及ぼすわけではないものの、私がミスをすることで、お客様にご迷惑をおかけするだけでなく、会社に大きな機会損失をもたらしてしまうかもしれないと思うと…。無事にリリースできて、ホッとしました。

KWCだから感じられる仕事のやりがい

私はKWCに入社する前は、妻子とともに山口県に住んでいました。HP制作やネットワークの構築など、企業のIT化を請け負う会社に勤めていたのですが、私の仕事によって表面的にはIT化できたとしても、結局、何か困りごとがあるたびに外注し続けなければならないという状況に、違和感を覚えていたんです。「本当の意味でIT化できていると言えるのだろうか?」と。一方で、「CPIレンタルサーバー」をはじめ、「Jimdo」や「Canva」といったKWCが提供しているサービスは、ユーザーが自ら使いこなすことを前提としており、真の意味で社会にITを浸透させようとするものばかりです。そんな世の中を良くするサービスに携われることに、とてもやりがいを感じています。


家族を守るために山口から上京

山口県にいた頃は、外注先まで片道2時間かけて通勤し、帰りも日付が変わるまで働いていて、共働きの妻に大きな負担を強いていました。そんな中、妻が2人目を妊娠して、「このままでは家庭が破綻してしまう」という危機感が生まれ、転職先を探していたときにKWCに出会い、上京を決めました。KWCではテレワークやフレックスの制度が浸透していて、柔軟な働き方ができるので本当に助かっています。例えば、妻が下の子を病院に連れて行っている間、家で私が上の子の面倒を見て、妻が帰ってきてからテレワークに入るとか。直属の上司が家庭の事情にとても配慮してくださる方なので、こんなに働きやすい環境はないのではないかと思っています。

会社全体を俯瞰できるエンジニアになりたい

最近は、契約周りを管理する「CPIマイページ」だけでなくサーバーそのものを管理する「コントロールパネル」の開発にも携わるようになり、他部署と協働する機会も増えてきました。エンジニアはどうしても自分の仕事に集中しがちですが、KWCでは複数のユニークなサービスを提供しているので、視野を広く持って他のサービスに対する理解も深めていかなければ、もったいないなと思っていて。自分が担当しているサービスやシステムに閉じることなく、会社全体に目を向けながら、ビジネス面もきちんと考えて貢献できる人材になっていきたいです。



人事総務部/常磐 里奈

KWCのサービスが持つ魅力を最大限に引き出したい

人事総務部/常磐 里奈

サービスを通して地域を盛り上げていきたい