STAFF INTERVIEW

技術者が喜んで使ってくれるサービスを開発したい

富樫 健太 Kenta Togashi

サービス運用部 | 2013年入社


文系ながらも、エンジニアとして入社

大学では国際政治学を専攻していましたので、いわゆる文系です。

在学中にWebサービスの仕組みに興味を持ち、アルバイトとしてWebアプリケーション開発をしてきました。

ちなみに卒論は“国際政治における包括的サイバーセキュリティ”という題目で、各国におけるサイバー攻撃の脅威について考察しました。KDDIウェブコミュニケーションズには、開発エンジニアとして新卒で入社しました、異動を経て今はインフラエンジニアをしています。


若手の意見でも受け入れてもらえやすい環境

会社やサービスを良くするために新しい技術を採用したいなど、前向きに提案すれば若手の意見でも受け入れてもらえやすい環境だと思います。

手動で行っていた定常作業を自動化して楽にする、サーバ設定を見直して、ベンダー費用を年間数千万円削減するなど、エンジニア目線を活かし、会社に貢献できたと評価されるのは嬉しいことです。


イベントの参加者から、登壇、運営側に

インフラエンジニアとしての業務だけでなく、対外的な活動として、最新の技術動向を知るためにJANOGミーティングというイベントに参加しています。JANOGとは、インターネットにおける技術、オペレーションなどについて、情報共有、議論する集まりです。

また、ホスティング事業者視点でサイバーセキュリティをテーマに登壇したり、運営としても携わるなど、通常業務とは違う貴重な経験が積めるので、今後も続けていきたいと思います。

技術者が喜んで使ってくれるサービスを開発したい

今後は、弊社のホスティングサービスを使い開発するエンジニアが喜んで使ってくれるサービスを企画、開発したいです。そのために、現在、Webの基盤技術の検証を進めています。表示速度改善、サーバの安定性、セキュリティ向上といった基盤技術の恩恵をエンジニア含むお客様へ還元していきたいと考えています。



人事総務部/常磐 里奈

仕事が楽しい!と思う社員をさらに増やしたい

g.o.a.t事業部/浦井 直樹

会社の若返りに貢献していきたい