STAFF INTERVIEW

製品に+αの付加価値を与えていきたい

山田 雄翔 Yuto Yamada

技術部 | 2015年入社


受託開発から自社開発への転換期

以前は会計システムの自社開発をJavaで行なっていました。KDDIウェブコミュニケーションズに入社を決めたのは、面談での本部長との話で、B2B2C事業が受託事業から自社事業への転換期に入っているため、これに対応できる人材が欲しいということを聞き、おもしろそうだなと思ったのがきっかけです。


上司との距離が近い

実際に働いてみて感じたことは、上司との距離が近いということです。改善したい点などの提案から、業務で不満に思うことまで、どんな些細なことも気軽に話が出来ています。また、本部内の交流も多く、業務終了後に社内会議室で飲み会が始まることもしばしばあります。


業務と並行して、新たな技術に挑戦できる

トレンドに敏感で、今時点では効果が明確に示せないような技術でも、勉強会やセミナーなどに積極的に参加することができます。セミナーに参加し始めたきっかけは、上司の、こんな勉強会があるよ、行って来たら?のひとことでした。 もちろん通常業務もありますが、並行して、セミナーなどで得た新しい技術を試すことが出来る環境です。

トレンドに常に敏感になりながら、製品に+αの付加価値を与えていきたい

エンジニアを取り巻く技術トレンドは日々移り変わっていて、2,3ヶ月前の情報では古いといったことが当たり前です。

そんな中でアーリーアダプターとしてトレンドに常に敏感になりながら既存製品や新規事業に携わって行くことで、製品に+αの付加価値を与えていきたいです。



フィールドマーケティング部/長嶋 亜紀

サービスの付加価値をさらに高めていきたい

サービス開発部/田村 舞

「使いやすい」と感じていただけるサービスを提供したい