STAFF INTERVIEW

「g.o.a.t」を創る2人の新卒

伊藤 慶 x 東 知希

g.o.a.t 事業部 | 2014年入社

伊藤 慶 / 2014年新卒入社。新卒で入社後、SMB事業本部、新規事業開発部を経て、2017年4月より現職。「g.o.a.t」のアプリケーション開発エンジニアとして活躍中。

東 知希 / 2014年新卒入社。新卒で入社後、SMB事業本部、新規事業開発部を経て、2017年4月より現職。「g.o.a.t」のUI・UXデザイナーとして活躍中。


——現在の仕事内容を教えてください。

伊藤
ビジュアルブログサービス「g.o.a.t」のアプリケーション開発を担当しています。 アプリケーションというのは、お客様が使う機能はもちろん、裏側の管理ツールも含めてですね。
僕は「g.o.a.t」のUI・UXを全面的に担当するようになって、4年が経ちます。入社して最初の1年はデザイン室に配属されて、「Jimdo」や「twilio」などのサービスに関するデザインをしていました。伊藤くんが「g.o.a.t」に来たのはいつだったっけ?
伊藤
僕のほうが半年以上、後ですね。g.o.a.t事業部に来る前にもアプリケーション開発の経験はあったので、「g.o.a.t」に来てからはスムーズでした。

——「g.o.a.t」に関わる面白みを教えてください。

伊藤
僕らの手で作っているので、僕らの思い通りになるところですね。やりたいことを実現しやすいと思います。
それはあるかもね。
伊藤
誰から言われることなく、自分たちがこういうサービスを作ろうと決めれば、そうできるので。何でもやろうと思えばできるのが、一番面白いところかな。
考え方次第だけど、僕は面白いより大変だっていう気持ちの方が強いかな。何もないところから作っているので、アイデアをひねり出すのが大変です。みんなで意見を出し合いながらなんとか作り上げて、いざリリースしてから振り返ってみたときに「自分たちでここまでやってきたんだな」という達成感はありますけどね。
伊藤
僕は、達成感はない。いつ見ても未完成に見えるから。「まだまだここがダメだな」と、常に不満はあります。
そっか。確かに伊藤くんの仕事的にはそうなのかもね。

——仕事をする上で大切にしていることは?

伊藤
新しいことを考えようとするときに、どうしても常識が邪魔をして、選択肢を制限することがあるんですね。僕はドラクエⅠで最初に訪れる“ラダトームの町”とラスボスが待ち受ける“竜王の城”の間の海を埋め立てたいわけ。海は迂回しないといけないというのは思い込み。そんな常識は取っ払って、目的に向かって最短距離を引いた上で、適切な迂回をしながら、最終的な目的を達成したいんです。
なるほどね。僕はできないことがあって人に聞くときに、まずできないなりに手を動かして、わからないなりに調べてから、教えてもらうようにしています。自分がどこまでわかっているのかすらわからない状態で人に聞くと、聞かれたほうも何を答えればいいのかわからず、お互い無駄な時間がかかってしまう。だから、とりあえず自分で手を動かして、自分の引っかかっているポイントをはっきりさせてから聞くように心がけています。

——今後の野望を聞かせてください。

僕は「『g.o.a.t』ってデザイン的に見てもすごく良いプロダクトですね」と言ってもらえるくらいになるまで自分の仕事をがんばって、「g.o.a.t」やKWCの知名度をもっと上げることで、この会社に来てくれるデザイナーを増やしたいです。そうすれば、いろいろな施策が打ちやすくなって、物事がもっとスムーズ進むようになると思うので。それが僕の野望ですね。
伊藤
僕は今、文字列処理の基礎的な研究を進めていて、それを完成させて、新しい試みをしたいと思っています。今の時点で具体的に何ができるかを話してしまうと、そこに囚われてそれ以上のものができなくなってしまうので、はっきりとは言えないんですけど。僕が生み出したものとして残るようなものを作れると良いですね。