サービスを支える技術とエンジニアの働き方

TECHNOLOGY


KDDIウェブコミュニケーションズのサービスは日本中の様々なビジネスの裏側を支えています。常に前を向き、新しい領域にも取り組み続けることはもちろん、これまで20年以上守り続けてきたサービスが、これからもお客様に当たり前に使っていただける様、エンジニアは大きな役割を担っています。

サービスを支える技術

開発領域

インフラからフロントエンドまで幅広い領域で、それぞれのスペシャリストが在籍しています。

開発領域

社員インタビュー

  Webアプリケーション

 サーバーサイド

技術本部第二開発部 ゼネラルマネージャー / 小山

  インフラ

 データセンター、ネットワーク、セキュリティ、OS

技術本部運用部 ゼネラルマネージャー / 葛生

技術本部運用部 インフラエンジニア / 矢田

自社サービスはもちろん、一部社内業務ツールまで自社で開発しています。開発言語としてはPython、Node.js、PHPなど、作り上げるサービスに合わせて最適なものを選択します。 

KDDIウェブコミュニケーションズ1番の特徴はDeploy先の選択肢に自社データセンターがある点です。今回はサーバレスで開発をしたいのでクラウドを使う、今回は24時間365日で処理が走り続けるので自社データセンターを使うなど本当の意味でフラットにクラウドとオンプレミスのメリットを比較して採用することができます。これは、自社データセンターを保有しており、なおかつネットワークやインフラのスペシャリストが社内にいる環境だからこそできることです。  

技術要素

開発言語
  • PHP 
  • JavaScript,Node.js,typescript
  • Python
  • Ruby 
フレームワーク
  • React
  • ReactNative
  • Redux
  • Vue.js
  • Laravel
  • Tornado 
ミドルウェア
  • Apache 
  • nginx 
  • MySQL 
  • PostgreSQL 
  • Elasticsearch 
  • Chef 

PaaS
  • AWS
  • Azure
  • GCP
OS
  • Linux
  • FreeBSD
ツール
  • Docker 
  • Ansible 
  • Git 
  • expo 
  • Linux KVM, ESXi, Nutanix 

KWCエンジニアの働き方

時間と場所にとらわれない働き方

働く時間と場所については社員に大きな裁量が与えられています。


フレックスタイム×テレワーク 

全部署でフレックスタイム制×テレワークが採用され、働く時間と場所については社員に大きな裁量が与えられています。その分、タイムマネジメントの意識は求められます。夜間の緊急対応があったので、翌日は午後から勤務を開始するなど、柔軟な働き方が可能です。 

- 時間と場所にとらわれない働き方はこちら >


技術選定、チームビルディング

エンジニア主体で技術選定を行っており、エンジニアチームは自社サービス作りにも大きな役割を担っています。 


技術選定基準

新規で開発するものに関しては、エンジニアチーム主体で技術選定を行います。サービスの継続的な提供のための運用保守を前提としつつも、これまでの環境にとらわれることなく、あるべき形を目指し最適なものを選択します。

チームビルディング

プロジェクト規模にもよりますが、3名前後の少数精鋭チームが多く、1人が複数のプロジェクトに関わっています。 エンジニアメンバーだけでなく、事業部のメンバーとコミュニケーションを取りながら、要件定義等を進める場面も多いです。

コミュニケーション

全国の自宅で働く社員同士のコミュニケーションは、 全社としてチャットやオンライン会議システムを使用し、リアルタイムで行っています。 エンジニアチームは、Gather.Townなど部署ごとに他のツールも使用しながらあるべき姿を模索し続けています。


学び発信できる環境

新たな技術の追求のためのインプットはもちろん、習得した知識のアウトプットも積極的に行っています。


社内外勉強会の支援

LT(Lightning Talk)や部内勉強会などを開催しています。 業務時間外での開催の場合は、飲食費の補助もあり、コミュニケーションの場としても機能しています。 技術的な内容だけでなく、チームビルディング等について実施する回もあり、社外向けに情報提供のセミナーの主催も行っています。

社外セミナー、カンファレンスの参加支援

業務時間内に、社費で社外のセミナー等に参加することが可能です。社外コミュニティへは参加だけでなく、運営にも携わる社員が多数おります。

技術情報の発信

社内として、サービスのブログの執筆、SNSでの情報発信などを行っています。 個人単位でも、Qitta、Note、GitHub、その他SNS等で情報発信をしています。 

新入社員研修

社内の全サービス、全部署を知っていただく社内研修期間を経て、配属希望をヒアリングの上、本配属先を決定します。それに加え、その年に入社される方の状況に合わせ、外部研修等を組み込む場合もあります。本配属後は先輩社員と共に徐々に実務に加わっていただきます。